shizukuru

shizukuが作るもの。

ヴァーティカル

昨日はアレンジメント教室に行ってきました。

( 後方に見えるキッチンは気にしないでね~(-_-;) 

ヴァーティカル・・・直線っていう課題。

前回の四角錘と形が似てるでしょ。

正面から見たら三角形!そこは一緒。

 

f:id:shizuku-ru:20170216170223j:plain

 

今回は背面には挿さないバージョン。

 

 

f:id:shizuku-ru:20170216170240j:plain

 

背中はシュッ!っと。 

 

 

f:id:shizuku-ru:20170216170255j:plain

 

上から見ても背中はシュッ!っと(笑)

最後に加えるスチールグラスという葉っぱ。

ポキッって折って挿すんだけど・・・

初めての体験♡ (´▽`)

楽しかったぁ~♪

 

今月は来週も行く予定です。

Happy Valentine's Day

 お豆腐を使ったガトーショコラを作りました。

 

f:id:shizuku-ru:20170214150303j:plain

 

 

 

f:id:shizuku-ru:20170214150321j:plain

 

トッピングに使ったのはこちら。

オーガニックのカカオとナッツ。

オーナーさんに頂いたものです。 

 

 

 

f:id:shizuku-ru:20170214150331j:plain

 

 レシピはこちらを参考にさせて頂きました♡

素敵なバレンタインをお過ごしくださいね~♪

 

 

板チョコ1枚バターなし豆腐ガトーショコラ♪
Comment

板チョコ1枚でバターなしなのに驚くほど濃厚でまったりとした味わい。バレンタインにもおすすめ。カロリー控えめで安心の一切れ♪

このレシピを詳しく見る

お味噌の仕込み

3年目になりましたお味噌作り。^^

今年はどうしても木の樽が欲しくて・・・

でも大きい物だと「どこに置くんだよ!」と言われたので

2キロのお味噌を作れるキットになっているこの樽を買ってみた。

重しに石が付いてくるあたりがキュンとして嬉しい(笑)

 

f:id:shizuku-ru:20170213113738j:plain

 

 

親切に大豆が茹でてあるキットです。

真空パックで届くので2週間以内に作ってねということでした。

楽ちんキットですね~❤

まずは麹と塩を混ぜ合わせ

 

f:id:shizuku-ru:20170213113750j:plain

 

 大豆も加えて混ぜ合わせ。

 

f:id:shizuku-ru:20170213113801j:plain

 

 大きな付属のビニール袋に移し、足踏みスタート

 

f:id:shizuku-ru:20170213113815j:plain

 

 フードプロセッサーが無いので、一昨年はすり鉢で

去年は手ごねで頑張りましたが・・・しんどい。

お味噌作りのしんどいところはここですね。^^;

足踏みすること20分

 

f:id:shizuku-ru:20170213113827j:plain

 

こぶし大のボールを作り

ビニールを敷いた木の樽にギュウギュウと空気を抜きながら詰め込んでいく。

ビニールを敷くという風に書いてるからそうしたけど・・・・。

木の樽の良さが???と思っている私。

やっぱりちゃんとした木の樽とかは木の種類や作りが違うのかな?と

分からないので、書かれている通りに作ってみます。

 

 

f:id:shizuku-ru:20170213113840j:plain

 

全部詰めたら重しをして完成❤

 

f:id:shizuku-ru:20170213113853j:plain

 

お味噌は寒い冬に仕込んで、暑い夏を越した方が美味しい。

気温が低い時に仕込むことで、味噌がゆっくり発酵するそうです。

暑い夏を迎え、発酵が加速し、気温が下がってくる秋に味が乗るそうです。

 

今回は2キロ仕込みましたが、次回は5キロ頑張って仕込みます♪

その時には去年作った味噌を少し種菌として加えよう。

そうやって、そこそこの家の家庭の味が熟成をしながら作られていくのですよね。

いつか、家のお味噌は美味しいわよ~と手前みそに自慢できるようなお味噌になるといいなぁ~(^m^)

ドライフラワーとひとりごはん

先月のアレンジメントのお花が勝手にドライフラワーになったので(笑)

紅茶の空き缶にオアシス入れて挿してみました。

 

 

f:id:shizuku-ru:20170210112810j:plain

 

もうしばらく楽しめそうです❤

 

ひとりで食べるお昼ご飯。

あるものを片付ける。

ある日は、少量残っているしらすでしらすチャーハン

しらす、にんじん、シイタケ、ネギ、梅干し

麵つゆで味付けしただけです。

炒り卵をトッピング(笑)

 

f:id:shizuku-ru:20170210112854j:plain

 

 私のお気に入りの麺つゆ

 

f:id:shizuku-ru:20170211073418j:plain

 

それを使って

一束だけ残っていた温麺でお野菜あんかけ温麺の日も。

白菜、シイタケ、人参。

大根おろしをトッピング(笑)

 

f:id:shizuku-ru:20170210112916j:plain

 

なんかトッピングばっか(^m^)

 

お昼は色々と試してみられる実験の時間。

どちらも10分程度でできる。

あ~、時間が無い!というときに、こういうお試し貯金を引き出しから出して(^^♪

 

寒波到来していますね。

寒いですが、それぞれに有意義な週末をお過ごしくださいね~❤ 

裕福と豊かさ

今日は3か月ぶりに髪を切ってきました。

パーマもカラーも無しです。

ところどころ白髪がありますが気にしません。

いつの日か真っ白い白髪になるなら、それはそれで受け入れたい・・・。希望。

 

今はヘナのシャンプーを使っているだけ。

気休めです。染まりません、簡単には。それで良いのです。

 

 

f:id:shizuku-ru:20170210163118j:plain

 

始めてお手伝いしているお店に行ったとき、オーナーさんといろんな話をさせてもらいました。

その時に聞いたヘナの話に私は愕然としました。

 

ヘナとは、インドなどに自生するミソハギ科の植物。

葉を乾燥させ粉末にしたものがヘナです。

粉末にしたヘナの葉を水に溶かすとオレンジ色の色素を出します。

これを利用して髪を染めるのです。

でもヘナで染めるのは時間がかかります。

トータルで長い方は5時間とか6時間とか・・・。

すぐに染まる化学染料とは違い自然な物なので仕方ありません。

このヘナの葉を乾燥させて粉末にするのに、貧困な国では子供たちが足で踏んでいるそうです。素足で。

 

裕福な国の人たちはエコだから、身体に良いからとヘナを選ぶ人も増えました。

でも簡単には染まらない。

ましてやお店で数時間で染めるなんて難しい。

「もっと早く」「ちゃんと染まらない」という苦情があがり、やむなくヘナに染料を加えさせられたりすることもあるとか。

子供たちが素足で踏んでいる場所に染料が加えられます。

もちろん濃い状態のものになります。

子供たちの足は膝から下が染料で染まります。

やがて皮膚から染料が身体に入り、子供たちは身体を壊します。

そうするとその子は避けられ、また新しい子が踏み始めます。

次の子が倒れたら次の子・・・と、裕福な国の要望に応えるために・・・。

 

 

 

お店に置いているヘナは染料は入っていません。

オーナーは、お店のお客様である美容師さんのところに持ち込んでヘナを塗ってもらい

シャワーキャップをしたまま車を運転して帰ってきて、そのまま数時間過ごすそうです。(笑)

 もちろん自分で染めることもできますが、やはり見えない部分は難しいのでやむを得ないと彼女は言います。

私もいつか使ってみようかな・・と思いつつ、もしも心の準備がついたら、白髪のままでいこうかなと思っています。

 

先日、TVでベニシアさんの番組「猫のしっぽ、カエルの手」を録画しておいたものを観ていたら、秋田の角館の武家屋敷を訪ねていました。

戦のない時代に堅実にくらした武士の屋敷。

質素な生活の中、いろんな工夫がされていて、堅実に暮らしながらも欄間を通る陽ざしの模様を楽しむ工夫とかされていて、そこには裕福ではない豊かさがあったというナレーションに胸をギュッと掴まれました。

 

 豊かさって何でしょう?

綺麗な服を着て、良い車に乗って、お洒落なお店で食事をして・・・。

どれもこれも悪いとは思いません。その人、その人の価値観があるのですから。

私も何も知らずに、自分の欲望を通して生きている。

世の中には知らないことだらけ。

知らず知らずに誰かを傷つけ、誰かを犠牲にしている張本人になっているかも。

たとえ静かに暮らしていても・・・。

色んなことを知りたい。

そして、このヘナの現実のように我慢できることなら我慢したい。

遠い国で命を失っていく子供たちに何もしてあげられないけれど・・・。

できることをひとつずつ。

 

裕福じゃなくていい。

堅実な武士のように、豊かな心をもって生きていきたい。

 

 

 

 

 

本、本、本

どんなに断捨離しても、これだけはできないというのが本。

先日もまたブックオフにて5冊も購入してしまった。

108円とか見ると・・・つい(^m^)

いつも本屋に行くたびに立ち読みしていた「食べてはいけない」シリーズも

108円でGET。

所ジョージの奥様の本を初めて見て!テンションアップ❤

パパが愛読していた「ライトニング」という所さんの本でお料理を連載されていたころからのファンです。

「家のかみさんは世界一」と所さんが大切にされている奥様。

すごくナチュラルな方。

お料理が上手って家庭円満の秘訣なんだなぁ~ってずっと憧れてた。

 

 

f:id:shizuku-ru:20170209123918j:plain

 

野菜料理の本の方は初めての出会い。

義務でお料理をして料理嫌いだったというエピソードが私に似てて親近感(^m^)

台所コスメのアズマカナコさんは、いつも本屋に行くたびに手にしてしまう

「電気代500円。贅沢な毎日」の本の著者。

ブログもされてますね。「エコを気にしながら丁寧に暮らす」

彼女のようには暮らせないけれど、台所で捨てる野菜のヘタや果物の皮などから作るコスメがいっぱい!

 私もレモンの皮を使った化粧水を今も愛用しているので、興味津々。

そうそう、美肌を作るのは20%の化粧品と80%食事だそうです。

どんなに高い化粧品を買って使っても、食事には勝てないということですね。 

 

 

f:id:shizuku-ru:20170209123928j:plain

 

こちらは前回のブックオフで買った本(笑)

 

f:id:shizuku-ru:20170209123936j:plain

 

時には、こういうエッセイ料理本にも出会えます。

松長絵菜さんの「十二か月のバスケット」

 

いつも古本ばかり買っているわけでもありませんの(^m^)

白崎茶会の本は本屋さんで。

白崎茶会に出会って、私の料理が変わりました。

ナチュラルフードのお勉強で習うレシピは、やっぱりちょっと面倒くさい。^^;

続けるという観点では心が萎える。

白崎茶会は、オーガニック、マクロビも簡単よ❤と私に思わせてくれました。

かんたんパンレシピを見てメロンパンも挑戦したの。^^

秘密のストックレシピのおかげでカレールーも手作りしてます。

あたらしいおやつは・・・まだ作れてません。

買った後に母が亡くなったり・・・でバタバタ。

ようやくいろんなやる気モードが少しずつ戻ってきているので、そのうちに挑戦したいと思います。

 

f:id:shizuku-ru:20170209123943j:plain

 

どれもこれも、まだ身についていないくらいしか作れていないけど、

少なからず私の意識改革をしてくれた本たちです♪

どこかで見かけたら手に取って見てくださいね~❤

おべんとうと「無い」を楽しむ

大学生の娘のお弁当。

ちょいちょい作ってます。

もう春休みになって今はお休み中だけど・・・

バイトが始まると、またお弁当。

って・・・。自分で作らないのかーい!といつも思いながら

作ってしまう親バカ。

でも・・・変な物食べて欲しくないなぁ~と思うとつい・・・。

 

だから、お弁当用のおかずは作りません。

いつもあるものを詰めて持たせます。

 

f:id:shizuku-ru:20170208072840j:plain

 

 

f:id:shizuku-ru:20170208072859j:plain

 

 

f:id:shizuku-ru:20170208072913j:plain

 

 

f:id:shizuku-ru:20170208072929j:plain

 

以前は、お弁当用の買い物をしていました。

それって結構お金がかかります。

でもあるものを詰めるだけになると、ちょっとお弁当用に避けておくだけですので

新たな出費にはならないし、詰めるだけだから楽ちんです。

娘が小食なので、可能な事かもね。^^

 

ナチュラルフードのお勉強をしてから、買い物はほとんど素材と調味料のみ。

買えるものが減った=節約になった。のです。

今までは、真新しい物や美味しそう♡なんて感覚で買い物してたけど、今は全部成分表示を見て、買う、買わないを決めています。

本当に買える物が少ないの。

だから買う物が定番化してきて、買い物にも時間がかかりません(笑)

そして、買える物で工夫をするということができるようになってきた。

今までは、これを作るならこれが無ければ・・・というように

頭で決めつけていたレシピ、メニュー。それが無くなった。

あるもので何とかする。という訓練が自然にでき、節約に繋がっているのかも。

そうそう、思えば震災の時も、いろんな工夫をして、いろんな発想で結構色々できたなぁ。

今は物が溢れていて、無いことに慣れていないだけ。

無ければ無いで何とかなるもんなんだって思えるようになったら、苦手だったお料理も苦じゃなくなったのが不思議。

自分でも分からないくらい不思議(笑)

「ある」ことで、むしろいろんなことを面倒にしているのかもしれない。

「ない」という心地を味わう事で気持ちに余裕ができるなんて、想像したこともなかった。

でも断捨離もそう。物を手放して「ない」というだけで、なぜか心に余裕が生まれる。

この心地よさを経験すると簡単に物を買わなくなるし、吟味して必要な物、良い物、お気に入りだけを迎え入れると、心がとっても満たされ穏やかに居られる。

買う物は「道具」が多くなってきています。(笑)