shizukuru

shizukuが作るもの。

お味噌の仕込み

3年目になりましたお味噌作り。^^

今年はどうしても木の樽が欲しくて・・・

でも大きい物だと「どこに置くんだよ!」と言われたので

2キロのお味噌を作れるキットになっているこの樽を買ってみた。

重しに石が付いてくるあたりがキュンとして嬉しい(笑)

 

f:id:shizuku-ru:20170213113738j:plain

 

 

親切に大豆が茹でてあるキットです。

真空パックで届くので2週間以内に作ってねということでした。

楽ちんキットですね~❤

まずは麹と塩を混ぜ合わせ

 

f:id:shizuku-ru:20170213113750j:plain

 

 大豆も加えて混ぜ合わせ。

 

f:id:shizuku-ru:20170213113801j:plain

 

 大きな付属のビニール袋に移し、足踏みスタート

 

f:id:shizuku-ru:20170213113815j:plain

 

 フードプロセッサーが無いので、一昨年はすり鉢で

去年は手ごねで頑張りましたが・・・しんどい。

お味噌作りのしんどいところはここですね。^^;

足踏みすること20分

 

f:id:shizuku-ru:20170213113827j:plain

 

こぶし大のボールを作り

ビニールを敷いた木の樽にギュウギュウと空気を抜きながら詰め込んでいく。

ビニールを敷くという風に書いてるからそうしたけど・・・・。

木の樽の良さが???と思っている私。

やっぱりちゃんとした木の樽とかは木の種類や作りが違うのかな?と

分からないので、書かれている通りに作ってみます。

 

 

f:id:shizuku-ru:20170213113840j:plain

 

全部詰めたら重しをして完成❤

 

f:id:shizuku-ru:20170213113853j:plain

 

お味噌は寒い冬に仕込んで、暑い夏を越した方が美味しい。

気温が低い時に仕込むことで、味噌がゆっくり発酵するそうです。

暑い夏を迎え、発酵が加速し、気温が下がってくる秋に味が乗るそうです。

 

今回は2キロ仕込みましたが、次回は5キロ頑張って仕込みます♪

その時には去年作った味噌を少し種菌として加えよう。

そうやって、そこそこの家の家庭の味が熟成をしながら作られていくのですよね。

いつか、家のお味噌は美味しいわよ~と手前みそに自慢できるようなお味噌になるといいなぁ~(^m^)