読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shizukuru

shizukuが作るもの。

刺激

自然食品のお店で開かれたお料理教室(デモンストレーション)

スタッフとして参加させていただきました。

会津若松から2時間半かけていらしていただいたアサクラさん。

怖い・・・と聞いていたけど、本当に・・・オーラが・・・(;'∀')

食器洗っては「音出さない!」と何度叱られたことでしょう・・・。

狭い店内に大勢の方が入って更に狭く、遠くてよく見えなかったけど(苦笑)

でもお話は、ナチュラルフードで習った内容に沿った内容で

頷きながらお勉強させていただきました。

 

f:id:shizuku-ru:20170307175158j:plain

 

イタリアに在住中のカルチャーショックなお話や

日本では考えられない調理方法なのに

「・・・・・」

「あれれ?」と思える完成に、初めてオーナーの五感での料理教室で味わった

「???」の衝撃に輪をかけて感動。

 

 

f:id:shizuku-ru:20170307175236j:plain

 

試食の量は少しずつなんだけど、満腹、満足感を感じる。

自然食をシンプルに。

その素材がどういう風に育てられたかが一番大切だと思いました。

青菜の中でもほうれん草は栄養分を吸い上げる力が強く、良い土壌であれば良い栄養をたっぷり吸い上げて凄いパワー食材なのでポパイで有名だけど、

化成肥料や農薬満載の良くない土壌で作られた場合のリスクの高さもそれに比例する。

同じほうれん草でも、どこでどういう風に育てられたかで良くも悪くもなる。

でも知らないと、野菜を食べてるから大丈夫!みたいな感じになっちゃう。

 

それって他の商品でもありがちで、お砂糖ゼロの飲料の方が、お砂糖アリより健康に良さそう・・・だけど、実はお砂糖ゼロの商品の成分表示を見ると、甘味料である添加物が添加されてたり。

健康に気を付けているつもりで不健康になっていることも多いのかと・・・。

 

あらためて「知る」という事の大切さを実感しました。

 

今日のメニューは、青菜のアーリオ・オーリオ・ガルム風味、青菜のフリッタータ、

古代小麦のカムットリガトーニの冬野菜と豆腐のソース、パスタのゆで汁のスープ、アンチョビのヨーグルトソース

何だかさっぱりわかりませんね?(;'∀')

信じられない程の長さ茹でる青菜。それを使った炒め物、卵焼き、豆腐とオリーブオイルと塩だけの味付けのパスタに、ゆで汁に小麦粒(パスタ用に作った小麦)を入れたスープ。ひよこ豆とアボカドをアンチョビの豆乳ヨーグルトソースです。

デザートにオーナー手作りの林檎のケーキもありました❤

 

すぐに復習しないと身に付かないのだけれど・・・。

なかなか難しいのが現状(-_-;)

 

安全な青菜が手に入ったら、早速青菜を信じられないくらい茹でてみたいと思います( ´艸`)